リスクマネジメントが会社を救う。

カルロス・ゴーン社長(日産自動車)のリスクマネジメント

1999年3月カルロス・ゴーンは副社長兼COOとして日産自動車のリスクを引き受けました。着任後COO社長に昇格し1001年5月期にはV字回復を果たしました。

V字回復の要因は危機に対する意識改革でした。

(4つの要因)

1.危機意識を持つ(危機感の共有)

2.わかり易い目標を設定する。「日産リバイバルプラン」等具体的で明確な目標を持つこと

3.良識に基ずくこと(日本ではこのようにするなどの文化的障害をなくし、日本もフランスも同じという良識をもつこと)

4.内部で問題点を解決すること(組織内部の構成員自らが現状の問題点を具体的に把握し問題解決案を策定すること)

5.クロス・ファンクショナル・チームの結成(問題解決のため異文化・異能種のメンバーにして問題解決を検討しました)

6.数値に強くなり内外に提示できるようにすること

7.明確なコミュニケーション:危機感共有・現状の問題点把握と理解・解決を共有

8.日産らしいアイデンティティーを失わないこと

9.責任感:明確な責任系統の確立

10.従業員の動機付け

 ①ビジョンの共有と明示

 ②信頼できるオプションの提示

 ③オーナー意識:再建計画に責任をもって参加しているという意識付け

 ④コミットメントを達成したものに対する公正な評価システム

そして達成するために「3つのC」を提案します。

1.チョイス(リーダーの選択・決断)

Ⅱ.コミュニケーション(危機感を共有)

Ⅲ.コーディネーション(優先順位の決定と問題解決のためのコミュニケ―ション)

 

日産自動車における地震保険対策(日産におけるリスク管理の状況について-抜粋)

日産自動車は、リスクマネジメントを構築しアセスマネジメントを徹底しました。地震BCPマニュアルを策定し訓練を計画的に実施した結果、東日本大震災では避難場所の提供など逸早く再建し地域の支援に貢献しました。

日産自動車の地震BCP

地震を最も危機的リスクとして、企業の持続性のある成長として取り組みました。

2003年経営会議で「地震対策会議」を決定

2007年リスクマネジメントのプロセスを構築しリスクを開示。同年新潟沖地震発生からCOOを本部長としてシュミレーションによる訓練を実施

2010年有価証券報告書でリスクマネジメント活動を開示

2011年東日本大震災発生(2月27日地震訓練を実施ていました。)

同年5月17日全面復旧。自動車業界では最も早い全全復旧となりました。

(復旧)

・安否確認:1日で完了

・帰宅困難者:直ちに受け入れました。

・3月29日ゴーン社長いわき工場視察

ここをクリック:日産自動車のリスクマネジメントを参照してください。